ホーム » 占い » 明確な冷却期間は難しい?社内恋愛をしていた彼との接しかた

明確な冷却期間は難しい?社内恋愛をしていた彼との接しかた

忙しい社会人カップル達の出会いの場は、8割以上が職場だとされています。
ゆっくりと出会いを探している時間がないからこそ、身近にいる接触の多い相手とお付き合いを始めるというかたが多いのでしょう。
しかも職場恋愛の場合には、周囲に内緒にして交際をしている傾向が強いため、普通に恋愛をするよりもより気持ちが盛り上がりやすいと言われています。
ですが、いつも顔を合わせていると気まずくなって距離を置こうとしたときに、完全に相手との接触を絶つのが難しいというデメリットもあります。
復縁を願うからこそ、相手との距離の取りかたを間違えないようにしていきたいですよね。
そこで、職場恋愛での上手な冷却期間の置きかたの考えかた、実践の仕方をご紹介していこうと思います。
出典:未練!後悔!復縁の確率を上げる別れ方

ほぼ毎日顔を合わせるからこそ印象は変えられる

職場で会うのであれば、コミュニケーションの取りかたで印象を変えていくことができます。
全く連絡を取らなかったり会話をしないだけが冷却期間ではありません。
職務上どうしても生じてしまう会話を利用して、相手に与えてしまった悪い印象やあなたに対する嫌悪感を払拭していきましょう。
まず、どういった理由で冷却期間を置くことになってしまったのかを考えてください。
相手を束縛しすぎてしまって嫌な思いをさせたのでしたら、離れている間はサバサバとした割り切った話しかたで距離を取ったり、甘えすぎて寄りかかることで面倒くささを感じさせてしまった相手には、仕事をテキパキとこなす自立した姿を見せていくことで、相手に与えてしまった印象を払拭していくことができます。
職場が同じだからこそ、あなたの行動次第であなた自身のイメージを変えていくことができるのが大きなメリットです。

変化を見せられるのが大きい

しょっちゅう顔を合わせているからこそ、あなたの成長した様子を簡単に見せられます。
職場恋愛でなければ、復縁をするために変わった自分を見せようと思ったら、勇気を出して電話をしたり、約束を取り付けてデートをしなければなりませんよね。
でも職場が一緒なら、だんだんと変化していく自分を相手に見せていくことができます。
冷却期間中でも会話が簡単にできることは大きいです。
ですがだからこそ、油断ができないこともあります。
いつだって見られていることを意識して、社内にいる間は誰にでも元気で明るく振舞うようにしていきましょう。
彼や同僚への挨拶は元気よく、お話しをするときには誰とでも笑顔を心がけていくことが大切です。
そういった態度は自然と周囲に好印象を与えますよね。
距離を置いた相手の評判がよくなったり、いい噂を聞くと、彼のほうも「振ってしまったことは間違いだったのかも」と思いなおす可能性が高くなるのではないでしょうか。

気まずさは気にしないのが一番

職場恋愛の大敵は、微妙な仲になったときの気まずさでしょう。
これをいかに払拭できるかが復縁の鍵にもなります。
要は自意識過剰すぎてしまうことが原因なので、割り切った姿を見せることが必要です。
仕事は仕事、恋愛は恋愛、そうきちんと区切った対応ができるのであれば、気にしすぎてしまうこと自体恥ずかしく感じられて、彼のほうも自然と接してくれるようになりやすいです。
冷却期間は職務上の会話のみでも、後々気まずささえ払拭できれば相手からも話しかけられやすくなりますし、自然とプライベートな会話にも発展していくものです。
こうなってくると後は時間の問題でしょう。
復縁のために周囲の印象がよくなるように努力して、その変化をダイレクトに見てきた彼から「なんだか変わったね」と言ってもらえるように頑張ってください。
そのときこそ、復縁を望んでいることをアピールするチャンスです。

終わりに

冷却期間には、一つはあなたの悪い印象を彼から拭い去ること、もう一つはあなた自身が自分磨きをするための時間という役割があります。
職場恋愛の場合、いつも顔を合わせている相手には明確な変化を伝えることはできませんし、印象を劇的に変えることも難しいです。
だからこそ、復縁をするために頑張っているその過程を彼に見せていきましょう。
彼に「振るにはもったいない女性だ」と思わせることができたらこっちのものです。